ウォルト・ディズニー製作のスター・ウォーズ新作

ジョージ・ルーカス監督の代表作スター・ウォーズは本作の合計6作とアニメ版が発表されていますが、本作のほうは制作しないような感じだったのですが、ついに第7作目の制作が決定したようです。

というものスター・ウォーズの映画制作会社ルーカスフィルムをウォルト・ディズニーがかいしゅうするということで、今後はディズニー製作のスター・ウォーズということになるのだそうです

これによってジョージ・ルーカス監督はディズニーの大株主となるようですが、新作のスター・ウォーズ製作にはこれまですべてルーカス監督多々のですが、次世代の経営が制作者にバトンタッチするようです。

スター・ウォーズの新シリーズとなるエピソード7についてはルーカス監督は、クリエーティブ・コンサルタントとしてサポートするそうなのですが、テレビ版の制作もありえるのだそうでこちらも期待大ですね。

本作のほうはエピソード7、8、9が予定されているようなので、今後も楽しませてくれることでしょう。